十七条心得

十七条心得

浄土真宗の僧侶は、出家をして厳格な戒律を守りながら修行するのではなく、在家として世間にあって{ 南無阿弥陀仏 }のお念仏を称えながら、日々の生活を修行として勤めます。寺院に住まいして、それを管理運営するのが「 寺族(じぞく)」の役割ですが、世間にあってあれに迷いこれに迷いすることがあっても、指針となる確かな拠り所があれば、それを頼りとして、在家生活を仏道として生きていけるのではないかと思うのです。

  • 大乗在家仏道・六徳目

    いまここからだれでもどんなときも日常生活で心にとどめておきたい十七条憲法の要約6項 ① 智・智慧識るべきことを識る- 道理に気づきを深めていくこと -私たちはみな、自己中心的な執着心から離れられないでいます。けれどもまた、真心こそが大切であることも、どこかで気づいているはずです。仏教には自然の道理が説かれています。仏教に学び、真実信心の気づきを深めていくことで、多様性のある寛容で調和した世界を、い・・・

  • 寺族十七条心得

    【 寺族心得・第一条 】 和となることを願っておたがいの心が和らいで協力しあうことが貴いのであって、むやみに対立したり争ったりしないようにしましょう。それを根本的な理念としなければいけません。ところが人にはそれぞれ自己中心的な執着心があるので、自分の立場に固執して物事を見たり、自分の都合で敵味方の区別を分けたりして、大局を見通している人は多くありません。それだから、最も身近な人間関係から、問題が起・・・