私訳 絵解き・二河白道 – ひかりといのちの道を往く

pages. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 

 

二河喩の原文  

 一切の往生の人に白さく、今更に行者のために一つの譬を説きて信心を守護して以て外邪異見の難を防がむ、何者か是なる

 譬えば人あり西に向ひて行かむと欲するに百千里あらむ、忽然として中路に二河あり、一には是れ火の河にして南にあり、二には是れ水の河にして北にあり、二河各闊さ百歩にして深くして底なく南北に渡なし、正く水火の中間に一の白道あり闊さ四五寸なるべし、此道東岸より西岸に至るに亦長さ百歩なり、其水波は交はり過ぎて道を混ほし、其火焔は亦来りて道を焼き、水火相交はりて常に息むことなし

 此人既に空曠の廻かなる処に至るに更に人物なし 多く群賊悪獣ありて此人の単独なるを見て競ひ来りて殺さむと欲す、此人死を恐れて直ちに走りて西に向ふに、忽然として此大河を見る、即ち自ら念言すらく此河南北に渡畔を見ず中間に一の白道を見るも極めて狭少なり、二つの岸相去ること近しと雖も何に由りてか行くべき、今日、定めて死せむこと疑えず、正しく到り回らむと欲すれば群賊悪獣漸くに来り逼る、正しく南北に避け走らむと欲すれば悪獣毒虫競ひ来りて我に向ふ、正しく西に向ひて道を尋ねてゆかむと欲すれば復た恐らくば此水火の二河に堕ちむことをと、時に当たりて惶怖すること復た言ふべからす、すなわち自ら思念すらく我今回らば亦死せむ住らば亦死せむ、去かば亦死せむ一種として死を免れざれば我寧ろ此道を尋ねて前に向ひてゆかむ既に此道あり必ず応に渡るべけむと 此念をなす時東岸に忽ち人の勧むる声を聞く、仁者ただ決定して此道をたづねて行け必ず死の難なけむ、若し住まらばすなわち死せむと、亦西の岸の上に人ありて喚ふて言わく、汝一心正念にして直に来れ我能く汝を護らむ、すべて水火の難に堕ちむことを畏れざれと、

 此人既に此に遣はし彼に喚ぶを聞いて、即ち自ら正しく身心に決定して道を尋ねて直に進みて疑怯退心を生ぜず、行くこと一分二分なるに東の岸の群賊等喚んで曰はく、仁者回り来れ此道険悪なり過ぐることを得じ必ず死せむこと疑はず、我等すべて悪心ありて相向ふことなしと、此人喚ぶ声を聞くと雖も亦廻顧みず一心に直に進みて道を念じて行けば須臾にして即ち西の岸に到りて永く諸難を離れ善友相見て慶楽すること已むことなからむ

 

 

文 章:河 上 朋 弘 

写 真:本 多  元 

令和2年1月 初稿 

 

 

頁. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12