私訳 絵解き・二河白道 – ひかりといのちの道を往く

pages. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

 

どうしてここにいるのか

なんのために生きているのか 

 

そんなことを 漠然と思いながらも

それほど深く考えることなく

ただ日々を過ごしていた

 

生きていることの現実味なんて

それほどないままに

ただなんとなく 

世間に流されるようにして

暮らしていた

 

生きていたいとも 

生きていたくないとも

思うほどでもなく

 

生きていることを

あたりまえのようにして

生きていた

 

けれども 否応もなく 

気づかされる 現実

 


生まれた限りは 必ず死ぬ

 

 

生まれてから死ぬまでの間を

自分として生きているけど

 

この自分は

時とともに年を取り

古びていく

 

具合が悪くになることも

生きている限りは

避けられない

 

心と体は

思いどおりにはならない 

 

 

 

ところで

おれはどこからやってきて 

 

どこへいこうとしているんだろう?

 

頁. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11