私訳 絵解き・二河白道 – ひかりといのちの道を往く

pages. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 

流れ出した水を止めようともせず 

燃え移った火を消そうともしなかったのは 

ほかでもない 自分だ

 

ちょうどよくやっていられたら

水を火であたためて

うまく湯でも沸かせただろうに

 

後悔しても仕方がない

首尾よくやれれば よかったのだが

気のおもむくままに 

いきあたりばったり 生きてきたからか

 

自業自得 か

 

 

東の土地から  西の方へと 

何かにすがるような思いで歩みを進めてきたけど

 

南から火の河  北から水の河 

私の前に 立ちふさがる

 

 

火と水の二つの河底は 果てしなく深く 深く 深く

南にも 北にも

河の向こうの岸に渡れそうなところは

見当たらず 見当たらず 見当たらず

 

 

そもそもこんなわけのわからないところにいたはずではなかった

 

呑気な日常を お気軽に おまかせで 日暮らししていただけだった

 

 

自分の生活に問題がなければ

 

この世界に何の問題など無かった

 

自分さえよければそれでいいなんて

 

当然のことだと思っていた

 

頁. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12