リンクエイジ・デイズ

  • 2016/04/11

    2016年の花まつり

    お釈迦さまの誕生日とされる4月8日(金曜日)には、慶集寺住職が、富山市総曲輪の本願寺富山別院で行われる常例布教の法座で講師を担当し、富山別院1階総会所にて、午後1時半より「 2016年の花まつりに願う 」と題した法話をいたしました。つづく4月10日(日曜日)には、恒例となりました浄土真宗本願寺派富山北組の花まつりを、岩瀬大町通りの「 慶集寺 琳空館 」で開催いたしました。

  • 2015/10/29

    平成二十七年度 慶集寺報恩講と未来市民文化祭2015

    11月8日(日曜日)岩瀬大町 慶集寺 本堂にて平成二十七年度 慶 集 寺 報 恩 講午後1時半より 慶集寺住職の導師による「正信偈」の読経法要のあとは、青雲乘英 師(新湊市本江 光覚寺)による法話新聞の書評で目にしてすぐにネット通販したら次の日にはポストに入っていた今年2015年新刊のタイトルは「失われる地方と宗教」という副題がなされた『寺院消滅』という本でした。寺院に生まれて僧侶資格を持ちながら日経ビジ・・・

  • 2015/06/30

    平成二十七年度 「 初 夏 法 座 」 のお知らせ

    7月12日(日曜日)岩瀬大町 慶集寺 本堂にて平成二十七年度 初 夏 法 座  午前10時より「 新盆法要 」執行10時半より 慶集寺住職による法座仏の教えにたずねる私たちの終活 二十一世紀の仏事とご縁近年メディアでも頻繁に取り上げられるようになった「終活(しゅうかつ)」という言葉をご存知でしょうか? 終活とは「人生の最終段階を迎えるにあたっての活動」の略語であり、葬儀、墓、財産相続、生前整理などの「あら・・・

  • 2015/05/16

    2015年の花まつりフォトレポート

    午前9時 会場準備・テント設営岩瀬大町通りに面する「慶集寺 琳空館」の駐車場に、二張りのテントを設営するところから、花まつりの一日が始まりました。呼びかけに応えてくださった富山北組寺院の門徒総代方や、ボランティアの方々のご協力により手早く作業が進み、スムースに会場の準備を完了することができました。午前10時 灌仏会(琴演奏)午前10時になると、寺族ならびに、事前に配布していたチラシや掲示板を見た・・・

  • 2014/12/17

    2014年を振り返って-山下洋輔氏 来寺-

    2014年も残すところ、あともうわずかになってきました。私、慶集寺住職にとっては、先代である父を亡くした年でもあって、状況と心境の変化が自然ともたらされた、人生の節目の年になったように思います。先日11月13日、世界的なジャズピアニストとして知られる山下洋輔氏が、ライブ出演の為に富山を訪れられた際に、父へのお弔いにと、慶集寺にご参拝くださいました。私の実姉は、京都で『RAG』というライブハウスを経・・・

  • 2014/11/12

    『 未来市民文化祭2014 』無事終了!

    11月の3日から8日にかけて「未来につながるお寺のまつり」として行われた『未来市民文化祭2014』おかげさまで無事終了いたしました。11月8日の「慶集寺 報恩講」での今年のご法話は、浄土真宗本願寺派布教師で、富山教区黒東組浄蓮寺の玉池 弦(たまいけ ゆづる)師でした。女性ならではの優美な雰囲気の法座よいご縁をいただけたことに、感謝3日のオープニングイベントの模様は、こちら ↓ をご覧くださいテントのなかへ・・・

  • 2014/07/01

    平成二十六年度 初夏法座 のお知らせ

    七月十三日(日) 午前十時より 正午頃まで 慶集寺 本堂にて平成二十六年度『 初 夏 法 座(しょかほうざ) 』新暦のお盆をご縁として、新盆を迎えるご家族をお招きしての追悼法要をお勤めし、記念講演として前半は、慶集寺住職が法話をいたします。法題は「二十一世紀の家と墓」です。明治・大正・昭和・平成に渡る二十世紀の間に建碑された家墓は、明治民法によって制定された「家制度」に基づき、建てられ、守られてきたもの・・・

  • 2014/02/06

    平成二十六年二月四日 浄空院釋照護 往生

    2016/02/05 北日本新聞 朝刊謹啓琳空山 慶集寺 第十七世住職 浄空院釋照護 俗名 河上省吾の存命中は一方ならぬ御厚情を賜り 有り難く 厚く御礼申し上げます河上省吾の長男である私の名前「朋弘」は、俗名では、訓読みで「ともひろ」と読みますが、僧侶としての名前である法名では「ほうぐ」と発音します。この名前は、父が、私に、付けてくれた名前です。南無阿弥陀仏を称える仲間のことを「御同朋(おんどうぼう)」といい・・・