仏さまの心を「大慈悲心」といいます。他者の喜びを自分の喜びのように慈しみ、他者の苦しみを自分の苦しみのように悲しむ。その心に私たちはつつみ込まれています。抱き抱えられています。

円満なる大慈悲心から発せられた根源的な願いの力を「本願力」といいます。そのエネルギーが、私たち一人ひとりに、差し向けられています。その力に願われて、生かされているのです。

その心と力を、南無阿弥陀仏のお念仏の声としてそのまま受け入れるのが、浄土真宗の教えです。

 

人それぞれに、両親や恩師や、親友や、親愛なる人がいるはずです。そうした方々の中には、もう会えなくなってしまった人もいるでしょう。けれどもその人は、真実の願いそのものとなって、いつでもどこでも私のことを、見守ってくださっているのだと思います。そう私は信じています。

仏と成って、仏と一つと成って、真実の親さまとして成仏されたその人は、南無阿弥陀仏の声となって、いまここの私に寄り添ってくださいます。その親心を、南無阿弥陀仏の声に、よくよく聞き取ることが大事なのだと思います。

 

どんな人でも救われ得る教えが、浄土真宗の他力念仏の教えです。深い思い遣りの心で、私のような「餓鬼」までをも救おうと、真実の親心で説きひろめられたのが、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人のお念仏の教えです。

親鸞さまの「しん」という字は「親(おや)」と書きます。まさに人間の心の真実に迫り、近づき、親しみ、一人ひとりを願われた、その方の名に相応しいお名前だと思います。

 

浄土真宗のお念仏は、報恩感謝のお念仏だと言われます。願われて、生かされて、いまここにあることのご恩に報いて、素直に感謝の心をあらわすお念仏の声なのです。

私にとっての恩に報いるべき対象は、親鸞聖人はもちろんとして、お念仏の声を私にまでに届けてくださった、すべてのご縁の先人方です。様々な関わり合いのもとに生まれて生かされてきたこの私一人を思うと、はかりなきご縁に恵まれて、いまここにあると言わざるを得ません。

報恩感謝の心のひろがりは、数限りなく、はかりなく、永遠であると感じます。必ずひとつに受け入れてくれる、そんな大きな心があることを確かに信じていれば、とても大きな安心になります。

 

私に出来ることは「南無阿弥陀仏」のお念仏をいただきながら、ちょっとずつでもいいから自分の我執をほどいていくことでしょうか。閉じこもりがちな自分の心を解放して、凝り固まった心を解きほぐしていくことでしょうか。日々の子育てや、世間での人間関係に、いつも心迷わしている私ですが、少しづつでも心の大きな人になることが、大人になるということなのでしょう。

自分がいただいてきたご縁をありのままに受け入れて「おかげさまで」「ありがとう」と心から言えるようになれたらと思います。素直に「ごめんなさい」と言えたらと思います。

自分もやがては死ぬわけですから、息引き取るその時まで、日々の生活のなかで縁起の真実に気付き、自分の心を成長させていくことが、親心に報いる生き方なのだと思います。

 

みんなちがってみんないいと言いますが、

みんな違うのだから他人のことはどうでもいいというのではなく、

人は一人では生きていけないのだから、

みんなちがってただのバラバラにならないように、

ご縁の方々とのより良い関係を、

ほどほどの距離感で、

つないでいけたらと思います。

 

いまはただ「南無阿弥陀仏」の声に、耳を澄ましましょう

n a m a m d h a b u d

 

graphic:Ikuo Yakushimaru