私が慶集寺に入って僧侶としての生活を始めた29歳のときからおおよそ四半世紀が過ぎ、これまでずっと一緒にお参りしてきたご縁の方々とのお別れが、ずいぶん多くなりました。

毎月ご自宅に伺って、仏壇の阿弥陀さまに向かって共にお参りをし、いろんなお話をさせていただいてきた方々との、最期のお別れです。

若かった頃は、人が歳をとって亡くなるのは仕方がないことだと割り切って考えることができたような気がします。けれども、いろんな思い出を共有してきた、深いご縁を感じるような関係にまでなると、ご家族同様にとは言えませんが、とても辛く悲しく、寂しい気持ちにならざるを得ません。

導師としての役割を思うと、冷静に粛々とご葬儀をお勤めしなければいけないのはわかっているのですが、胸が詰まってお経が読めなくなるようなときもあります。ご縁の方々とのお付き合いを重ねて、やがてその方々のご葬儀をお勤めするということは、このような経験を重ねていくことなのだと、自覚しなければいけなくなりました。

 

出遇いがあれば、必ず別れも訪れるのが人生です。親しい人との死別は、誰もがどうしようもなく経験せざるを得ないことです。どれだけ悲しみに暮れても、ご遺体をそのままにしておくわけにはいきません。旧来からの慣習に従ってお通夜・ご葬儀をお勤めし、火葬という流れになるのが世の習いです。

生前中はひとそれぞれに意思をもって、個々人のこだわりをもって生きてこられたはずですが、お葬式は大体にして世間的な流れに沿って進行し、荼毘に付されてご遺骨になられます。

ご遺族にとっては、まだ生前中のお姿が鮮明な記憶として残されているなかで、亡くなられたことの現実をなかなか受け入れることができないのは、当然だと思います。

いつものように帰宅するんじゃないか、連絡がくるんじゃないか、まだどこかにいるんじゃないか。そういう思いを持たれることも、あると思います。

 

亡くなられた方がいまどこでどうなっているんだろうと思うことは、ご遺族にとって自然な心情だと思います。けれども本当のところは、誰にも分からないことです。

色々なひとが、どれだけまことしやかに自分の想像や考えを語られたとしても、どれだけ高名な科学者や哲学者や宗教者が自説を述べられたとしても、皆が納得出来ることなど、無いように思います。

それでも私は、私自身が信じていることを、ご遺族やご縁の方々にお伝えするようにしています。ご葬儀の際に導師の役割を務める者として、亡くなられた方は必ず「成仏」されていると、いつもお伝えしています。

 

 

古来より日本では、亡くなられた人は「ほとけになる」のだと言い習わされてきました。

仏に成ると書いて、成仏(じょうぶつ)です。

 

肉体をもって自分自身を生きている間は、自分本位・自己中心の「我執」にしがみついて生きざるを得ないのが私たち人間ですが、

我をほどいて、仏と成って、

ほどいて、ほとけて、ほとけとなって、成仏されたと信じています。

私はそれを、ご縁の方々にお伝えしています。

 

人間である内は、誰にだって願いや望みというものがあります。人の生存に願望や欲求は無くてはならないものであって、それが生きる活力でもあります。目標を持って自己実現を果たそうと努力することは、人生の生きがいにもなるでしょう。

しかしながら、私たちの願望や欲求は、基本的に自分本位で自己中心的なものです。自分の思いのままになるということはありません。むしろ、自分の思うようにならないことに、自分自身が苦しめられることの方が多いのです。

苦しみや悩みや、迷いや惑いの原因は、人間の自己中心性・自意識にあることが、仏教に説かれます。自分の思い込みや決めつけで、自分を苦しめているのは、他でも無い自分自身なのです。

 

仏さまの存在や、亡くなられた方々の成仏を、信じるも信じないもひとそれぞれの自由だと思います。けれども、一人の人間が持つちっぽけな願いを遥かに越えた、分け隔てのない、永遠の願いがあって、

私たちは願われて、生かされているということは、信じた方がいいと思います。

亡くなられた方々は、自らの執われから自由になって、解放されて、私たち一人一人のことを一心に願ってくださっていると、信じるべきです。自分自身のこだわりを脱ぎ捨てて、今はもう願いそのものとなって、私たちを見守ってくれていることを、心から信じるべきです。

 

他者の喜びを自分の喜びのように慈しみ、他者の苦しみを自分の苦しみのように悲しむ。執着の取り払われた円満なる自然体の心を「大慈悲心」といいます。人間として持ち得る慈悲心を大きく超えた、大慈悲心です。

その大慈悲心から発せられた根源的な願いの力を「本願力」といいます。願いの力(エネルギー)が、私たち一人ひとりに向けられています。

成仏された方々は、みんなひとつの仏と成って、

私たちの一人ひとりを、真心で見守ってくださっていると、私は信じています。

 

Ⅲ⑥ 真心のすがたかたち >>>