夭折された詩人・金子みすずさんの詩に「みんなちがってみんないい」という言葉があります。

みんな違うということは、何も取り立てて道徳的であったり倫理的であったりするわけではありません。元々に人は皆それぞれに異なって存在しているのですから、私たちはただその「多様性」の事実に気付き、それを肯定しなければいけないだけなはずなのです。

みんなちがってみんないいとは、誰もがみんな「ひとり」であって、その集まりが「みんな」であるということです。

多様性とは、身勝手な思い込みや決めつけをしないで、あるがままに多様であることを、認めることです。

けれども私たちはそんなに寛容なわけではなく、他者を認める気持ちよりも、自分が認められたい気持ちの方が、圧倒的に強いものです。

親の立場があれば、子の立場だってあります。姉の立場、兄の立場、妹の立場、弟の立場。親類の立場もあれば、友人の立場もあります。

みんな自分の立場から見ることしかできません。人は皆それぞれに、自分本位に相手のことを見て、思い込んだり決めつけたりしています。

自分が産んだ、自分の育てた子供であったとしても、親のもののではありません。自分の親だから、兄弟だからといって、何を言ってもいいというわけではありません。

親として、子として、姉として、兄として、妹として、弟として出会った、一人ひとりの人間です。

各々の思いがあっても同じではなく、好ましく思うこと・好ましく思えないことは、それぞれに違うはずです。

親しき仲にも礼儀ありといいますが、身近に思うからこそ、それだけ礼儀を忘れがちな私たちかもしれません。

 

みんな違うからこそ、かけ違ったり、くい違ったり、すれ違ったり。思い違いしたり、勘違いしたり。人それぞれに違うということによって、様々な問題が起こります。

「みんなちがってみんないい」と一言で言えるほど、私たちの心はシンプルではありません。複雑な人間関係の中で、さまざまなコンプレックスを抱えながら生きざるを得ません。

「みんな違うんだから、わかりあえなくたっていい。」そんな気持ちに閉じこもって、塞ぎ込んでしまうことだってあるように思います。

『仏説無量寿経』という仏典に、「独生・独死(どくしょう・どくし) 独去・独来(どっこ・どくらい)」という言葉があります。人は皆、独りで生まれて、独りで死ぬ。誰も皆、この世に独りで来て、独りで去っていくのだというのです。

みんなの中に生まれて、みんなと共に生きていることも事実ですが、誰一人として例外なく、ただひとりであることも、もう一つの事実です。かけがえなくただ一人の自分は、どうしようもなく孤独な存在なのです。

さまざまなご縁のなかで、一人ひとりが出会い、さまざまなご縁のなかに、一人と一人として別れていく。そこでは人生の悲喜こもごもがあって、愛し合うこともあれば、憎しみ合うこともある。

これが人生の実状であり、真相なのでしょう。

 

Ⅲ⑤ 成仏ということ >>>