私的仏典解釈・仏説阿弥陀経 – 釈尊、中日の説法。

pages. 1 2 3 4 5 6 7 8

 

私たちのこの世界には、さまざまなものごとがあり、

それらのそれぞれに、それを指し示す「名前」がある。

存在は名前をともなって、はじめて私たちの「認識」となるのだ。

 

この世界の素晴らしさを、言葉にしてみよう。

私たちの身のまわりにある美しいものたちを、

心に感じて、それを伝えよう。

美しい名前として、それを呼びかけよう。

 

どれだけの言葉を尽くしても、伝えきれない心のあることは、

真実の言葉の本当の力に気づく君なら、感じられるだろう。

 

人間の世界に生まれて、誰かに名付けられて、私として生きている自分も、

やがてはその命を終えて、時とともにその名前は、忘れ去られていくのだろう。

 

けれども、極楽に生まれるならば、仏としての名前を保つことができる。

仏の名前で、仏として生きることができるのだ。

仏と成って、仏の名となって生きることができるのだ。

成仏できるのだ。

 

仏の名をもって永遠の命を生きる仏方は、

その国にある、阿弥陀仏の名前をほめたたえている。

 

その名前の素晴らしさを、その響きの素晴らしさを、ほめたたえている。

阿弥陀の名とひとつになって、私たちを見護ってくださる。

 

人間の思い計らいを越えた、大いなる心で、私たちを見護ってくださる。

 

すべての世界の隅々まで、その名のとどかないところは、ない。

 

 

 

 

シャーリプトラよ。君はどう思うだろうか?

 

なぜこの「阿弥陀」の教えは、

「すべての仏がたのお見護りくださる教え」と称されるのだろうか。

 

シャーリプトラよ。

もしも素直に私の教えを聞くものたちが、

すべての仏がたのほめたたえられる「阿弥陀仏」の名前とそのいわれを聞くようであれば、

そのものたちはみな、すべての仏がたに見護られて、

涅槃の境地に気付き、目覚めることとなるのだ。

 

人間の世界の呪縛から、解き放たれるのだ。

 

だからシャーリプトラよ。

君たちはみな、わたしの説くこの「阿弥陀」の教えと、

すべての仏がたのほめたたえられる「阿弥陀」の教えを、

深く信じて、わずかなりとも疑ってはいけない。

 

阿弥陀仏の名のりは、

真実であることを、

真心であることを、

疑ってはいけない。

 

 

 

 

シャーリプトラよ。

もしも人々が、阿弥陀仏の極楽の国に生まれたいと思うようであれば、

 

過去にそれを願ったものも、

今まさに願っているものも、

あるいはこれから願うであろうものも、

 

すべてみなこの国に生まれているであろう。

今まさに生まれるであろう。

やがてこれから、生まれるであろう。

 

過去・現在・未来を通して、

阿弥陀の名が聞こえない時代はなく、

その願いの絶えることは、けしてない。

 

だからシャーリプトラよ。

仏の教えを素直に信じて、

極楽に生まれたいと心から願うものたちは、

やがて気付くはずだ。

 

涅槃の境地は、

いつもどこでも、

いまここにも、

あることを。

 

だからこそ願い、

念じるべきである。

 

極楽を。

 

阿弥陀仏を。

 

頁. 1 2 3 4 5 6 7 8