私的仏典解釈・仏説阿弥陀経 – 釈尊、中日の説法。

pages. 1 2 3 4 5 6 7 8

 

 

 

 

親愛なるシャーリプトラよ。

わたしたちが修行を共にするこの「祇園精舎」は、とても美しい。

 

私の説いた真実の理法をよりどころとし、

真心からそれを共にする仲間のことを大切に思い、

ジェータ王子とスダッタ長者によって寄進された

この修道施設は、なんと美しいのだろう。

 

しかしながら君は、気づいているだろうか?

 

ここから西の彼方、十万億もの多種多様なる仏の国の向こうに、

ちょうどいま、夕陽が沈もうとしているこの景色の、遥かな西の彼方に、

「極楽」と名付けられた世界があることを。

 

そしてまた、その世界には「阿弥陀仏」と名乗られる仏がおられることを。

時空を超えて、真実の法を説いていらっしゃることを。

 

 

 

 

シャーリプトラよ

なぜその仏の国が「極楽」と名付けられているかを

君は知っているだろうか?

 

その世界に生まれた人々は、私たちの世界にあるような苦しみを何一つとして受けること無く、

私たちの世界にあるようなさまざまな楽しみをひとつに極めたような、

究極の楽しみを受けて、まったく苦しむことはないのだ。

 

極楽とは、その名に現れるように、極めて安楽な世界なのだ。

清浄なる国なのだ。

 

私たちのいる精舎の、いまここに見える景色は美しい。

けれどもこの美しい光景は、

はるか西の彼方にある、極楽の国土より放たれた光に照らされて、

美しいのだ。

 

 

 

 

苦と楽の二つに分かれてあるような私たちの世界には、表があれば裏もある。

清いばかりではなく、濁りもある。

善なる人ばかりではない、悪い人もいる。

善人がいつも善人としていられるばかりではなく、

善人が悪人になることもあるだろう。

悪人が善人になることだって、あるだろう。

 

ここから西の彼方、

十万億の仏がたの国を越えたところにある「極楽」という世界は、

私たちのこの世界を遥かに超えて美しい。

なぜならばその国は、ただ一つの真実を、ただ一つの真心をもって、

私たちに顕そうとするものだからだ。

 

私たちは学ぶべきである。

慎みを持って、耳を澄まして、聞くべきである。

念じるべきである。

 

仏(ブッダ・覚者)が、その姿をもって伝えようとしていることを。

仏の教え(ダルマ・理法)が、私たちに知らしめようとしていることを。

仏の教えを共にする仲間(サンガ・仏徒)によってなされる、平和な世界を。

 

 

 

頁. 1 2 3 4 5 6 7 8