私的仏典解釈・仏説阿弥陀経 – 釈尊、中日の説法。

pages. 1 2 3 4 5 6 7 8

 


極楽は、はるかなる過去世からずっとそこにあって、

そこに生まれて、そこに生きているものの数は、数えきれない。

 

私たちが生きる世界であれば、広さには必ず限界があって、その定員にも限りがあるだろう。

けれども極楽は、すべてのものにひらかれていて、それを拒むことはない。

私たちの世界にあるような、

数の単位によって分別されるようなものではないのだ。

 

その仏の名前「阿弥陀」とは、「無量(はかりなき)」という意味を表しているのだ。

 

極楽に迎えられた先人たちは、数かぎりない。

私たちの世界の呪縛から解き放たれて逝った人々は、

すべて極楽に迎えられていて、そこから呪縛の世界にもどることはないのだ。

 

そんな極楽の国が、私たちの人生のその先にも、ひらかれている。

 

やがてはその国に生まれたいと、願うがよい。

 

なぜなら、この世界の呪縛から解き放たれた素晴らしい方々とともに、

ひとつの世界にひとつになって、集うことができるからだ。

 

なつかしいひととも、またそこで、会うことができるからだ。

 

 

 

頁. 1 2 3 4 5 6 7 8