仏説阿弥陀経

pages. 1 2 3 4 5 6 7 8

しかしながらシャーリプトラよ。私たちの世界で仮に善いこととされているような、わずかな善い行いをしたからといって、極楽に生まれられるわけではない。

シャーリプトラよ。素直に二心なく、ただその仏の名前「アミタ」の名前をよく聞いて、それを忘れないように、心に深くとどめておくべきである。

一心にその思いを乱さないでいられるならば、人間としての寿命が尽きて死を迎えようとするそのときに、アミタ・ブッダが、そこに現れてくださるだろう。

いよいよ自分の命を終えようとする、そのときにあっても、死の恐怖に心が乱れて惑うことなく、ただちにアミタ・ブッダの極楽の国に生まれるだろう。

 

 

シャーリプトラよ。人間として生まれながらも私は、思慮分別を越えた「涅槃」の境地のあることに、目覚めた。だからこそ「極楽浄土の阿弥陀仏」を説くのである。

無分別の「智慧」を得て、分け隔てなき「慈悲」の心のあることに気付くに至ったからこそ、このことを説くのである。

シャーリプトラよ。涅槃の境地を、確かに悟っている君であるなら、私の真意が伝わっているはずだ。仏の心とひとつになれるはずだ。

一心の願いとなるはずだ。

 

 

また、聞くがよい、チューラパンタカよ。君にも、伝わっているはずだ。君ならその心を、感じられるはずだ。

いつも、毎日、毎朝にでも、極楽の世界とその国に生まれた先人たちのことを、よくよく、心に念うがよい。アミタ・ブッダの名を称えて、一心にその国に生まれたいと願いなさい。

すぐに忘れてしまうようであれば、

 

今日のような、夕陽が西の方向に沈む日に、ちょうど太陽が真西に沈む日を特別な日として、

一日でも、二日でも、三日でも、四日でも、五日でも、六日でも、七日でもいい。

その夕陽に向かって合掌して、その国のことを念じるがよい。

 

その国の仏の名前を、称えるがよい。

 

西の彼方にある、極楽の国に向かって、掌を合わせるのだ。

春の日と秋の日に、一年に二度、そのときはおとずれる。その日にあわせて、その日だけは決して忘れないようにして、その仏の名を称えるがよい。心から、その世界に生まれたいと、願うがよい。

 

頁. 1 2 3 4 5 6 7 8