第二期目の「琳空館セミナリウム」を5月より開始いたします。ゆったりと会話を交わしながら、少人数で車座になって進行していく講話会です。

法題は「神様、仏様?お釈迦さまとブッダたち?」

お釈迦さまが約2500年前に説かれたとされる根本の教えを再確認するところから、今期のテーマとしている「大乗仏教」へと学びを深めて参ります。

 

会場:岩瀬大町通り 慶集寺 琳空館 (きょうしゅうじ りんくうかん)
開期日時:5月5日(第一木曜) 19日(第三木曜)
夜7時 開場  7時半より 9時まで

お勤め:正信偈( 経本をお配りしますので 各自お数珠をお持ちください )
講話・進行:慶集寺住職 河上 朋弘     
参加定員:10名まで
参加費:1000円 + お賽銭( 休憩時間にお茶とお菓子のご用意がございます )

 

 

日頃より仏教に親しまれている方も、あまり馴染みのないという方も、ちょっとした興味や関心さえあれば、生きるヒントが得られる機会になると思います。

コロナ対策も考慮して、参加定員は10名様までとさせていただいております。どなたさまでもご自由にご参加いただけますので、まずは予約フォームよりお申し込みいただき、お誘い合わせの上お参りください。

予約フォーム >>> https://kyosyuji.iwase.toyama.jp/contact/

 

昨年のセミナリウムでの慶集寺住職の講話は「まず仏教の要より説く」でお読みいただけます。

 

『琳空館セミナリウム』とは?