東北地方太平洋沖大地震に思う

自然の猛威を前にして、人間はあまりにも小さく、非力だということを、

東北太平洋側から送られる映像は、生々しくもありのままに映し出している。

福島第二原発の事故のニュースには、ただただ青ざめるしかない。

人間の想像力はあまりにも自己中心的で、その想定範囲はあまりにも小さい。

「大丈夫。安全です。」なんてどんな確証があって言っていたんだろう。

原発頼みの危険な綱渡りの上に揺れながらある、

私たちの便利な文明生活であることを、

いまさらながら思い知る。

自然に対する畏怖の念を、これで取り戻すことができたのなら、

まず今、進めている原発の建設を止めなければいけない。

「地球にやさしく」なんていってる場合じゃない。

人間は地球に巣食う「癌細胞」なのだ。

自覚しなければいけない。

巨大な自然治癒力の自浄作用が働けば、ひとたまりもない私達の営みなのだ。

原子力発電の推進は「国策」だ。

日本という「国」が、原発のこれ以上の推進を止めると、今、決めなければいけない。

私たち「日本国民」が、今、意思を定めなければいけない。

「未来の日本」をイメージしなければいけない。

何かを変えなければいけない時が来た。

何を変えなければいけないのか?

まずは自分自身の意識を、大きく変えなければいけない。

どう変えればいいのか?

まずは、いまここに生きる自分自身に、向き合うことか。

まずはそこから始めるしかないのか。

私達は、在り難くして、今在る。

日常を生きているということだけで、心底ありがたい。

まずは彼の地の友を想い、その無事を願う。 

小さくも非力な人間の、心からの願いである。

南無阿弥陀仏