② お釈迦さまのご分骨の行方 (仏法僧)

約二千五百年ほど前のインドに生きられた釈尊(お釈迦さま)の場合はどうだったのでしょうか。

お釈迦さまの死が間近に迫ってきたと感じられた時、弟子の一人が「先生の死に際して、私たちはどうその後の対処をどうすればいいのでしょうか?」と尋ねられたそうです。

それに対してお釈迦さまは「僧侶(出家者)は葬儀に関わる必要はない。葬儀のことは町の人々にまかせて、ただ修行に専念することが大切だ」と答えられたといいます。

浄土真宗本来の「仏教を学ぶ者にとって、葬儀や供養が最も大事なことではない」という教えは、仏教の開祖・釈尊のお言葉にそのルーツがあったのでしょう。

 

お釈迦さまが亡くなられた後、ご遺体はその土地の人々によって火葬され、のこったご遺骨は八等分にされて、それに加えて灰と骨瓶も含めて十に分けられて、十カ国の王たちによってそれぞれの土地に持ち運ばれたといいます。

お釈迦さまのご遺骨を「仏舎利(ぶっしゃり)」といいますが、これをさらに細かく分けたものが何万もの寺院に分配されて、それを納めた「ストゥーパ」と呼ばれる仏塔が、各地に数多く建設されたということです。

釈尊滅後の数百年を経て仏教が伝来した中国では、多くの僧がお釈迦さまを慕ってインドに赴き、仏舎利の収められたストゥーパの前で供養した宝石類を「仏舎利の代替品」として持ち帰って、自国に建設した仏塔にそれを奉納しました。

ストゥーパを漢字に音写したことから「卒塔婆(そとうば)」という言葉が生まれますが、これが略されて仏塔を表す「塔(とう)」という言葉にもなり、それがやがて日本に渡ってきて、故人を供養するためにお墓に立てる木の板のことを「卒塔婆(そとば)」と言うようにもなったそうです。

 

 

お釈迦さまのご遺骨を納めたストゥーパが、仏教におけるお墓の起源といってよさそうですが、そこに納められたご遺骨を、今はもう亡くなられた方(= お釈迦さま)の分身であると見なすような捉え方は、そこにはまったく見当たりません。

あくまでも、仏の教え(仏法)を象徴するものとしての「仏舎利」があって、それをご縁として人々が集うための場所として「仏塔」が建設されたということのようです。

通常わたしたちは、仏教者個人のことを「僧 = 僧侶(そうりょ)」と呼んでいますが、本来のサンスクリット語に立ち戻って考えるならば、僧(そう)とは「サンガ = そうぎゃ = 僧伽」を略した言葉であり、サンガとは「仏教を志す者たちの共同体」を意味しているようです。

仏教の目印ともなるその場所を、みんなで共有して大切に護っていこうする人たちの集まりを、未来永劫までにも大切にして欲しいと、仏教の先人方は願われたのでしょう。