五濁悪世にほとけひらく蓮華

pages. 1 2

しかしながら、私たちが生きるこの世界を 此岸(しがん・此方の岸)というときには、同時にかならず 彼岸(ひがん・彼方の岸)の世界があることも仏教には説かれます。

 

彼岸とは 浄土(じょうど・苦しみの一切無い清らかな場所)とも、 極楽(ごくらく・苦楽を越えた極めて楽なる境地)ともいわれる世界です。

 

 

五濁悪世の説かれる『仏説阿弥陀経』には、娑婆世間の有様とともに、極楽浄土の光景を 青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 と映し出します。

 

青い色には 青い光が

黄い色には 黄い光が

赤い色には 赤い光が

白い色には 白い光が

 

色とりどりにそれぞれの色を互いに輝かせあい、咲き誇っているというのです。素晴らしい生命の光り輝く世界がたしかにあると、明かされているのです。

 

 

 

私たちの五濁悪世の世界にも 

蓮の華は咲きます

 

 

蓮の華は

濁りきった泥沼のなかにも咲いて

けしてその泥に汚されることなく

むしろ泥沼のなかに咲くからこそ

その美しさを際立たせます

 


 

南 無 阿 弥 陀 仏

 

頁. 1 2