浄土真宗の宗祖である親鸞聖人(しんらんしょうにん)は、今から800年ほど前のむかし、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、90年間の生涯を人間として生きられました。

承安3年(1173)4月1日 – 弘長2年(1263)11月28日

 

聖人が生きられた平安末期から鎌倉にかけての時代は、政治が腐敗し乱世となり、天災や飢饉に見舞われて、大火や内乱や犯罪や疫病が一時に押し寄せてくるような混乱した社会にあって、世間の人々の心は非常な不安定状態に陥っていたといわれます。

そんな状況はそのまま、私たちが生きる令和の時代の世界にも重なって感じられます。

 

仏教では釈尊の入滅後を、

① 正法の時代(教えがよく保たれ、正しい修行によってさとりが得られている時代)

② 像法の時代(教えは保たれているが形だけの修行となり、さとりは得られない時代)

③ 末法の時代(教えはあるが修行する者はいなくなり、さとりを得る者もいない時代)

の3つの時代に区分して観る歴史観があります。

 

正法の時代が釈尊入滅後500年から1000年、像法の時代はそれに続く1000年間、そしてその後には10000年の末法の時代がやってくるとされていたなかで、聖人が生きられた時代は「末法の世」がついに来たと人々が感じざるを得ないような、混乱を極めた社会状況にあったようです。

そんな時代の人心の不安に応えるようにして現れたのが、法然上人〔浄土宗〕 栄西禅師〔臨済宗〕 道元禅師〔曹洞宗〕 日蓮上人〔日蓮宗〕といった、いまにして「鎌倉仏教」と呼ばれる、当時の新興仏教の開祖方でした。

 

それら鎌倉仏教の諸宗派のひとつとして数えられる浄土真宗ですが、在世中の親鸞聖人が、始めから「浄土真宗」という宗派や教団のようなものを創られたわけではありませんでした。聖人自身は、一宗派の創立も、大教団の創設も、壮大な寺院の建設も、それらを人生の目標とされることは一切ありませんでした。

法然上人の門弟であった親鸞聖人は、阿弥陀如来にすべてをゆだねる「浄土の世界を説く教え(=浄土宗)」こそが、末法の時代に勤めるべき仏教であると確信され、それを強調して表すために「浄土真宗(=浄土の”真実”を説く教え)」という言葉を用いられました。

聖人に立ち戻るならば、そもそも「浄土真宗」とは、宗派や教団のことをいうものではなく、私たちが選び取るべき「仏門」の特徴や特殊性を言い表されたものなのです。

 

末法の時代を生き抜かれた宗祖のご生涯を辿りつつ、浄土真宗の9つのキーワードに沿って3つの段階を進みながら、その思想を学んでいきましょう。現代社会という末法の世界に、煩い悩む私たちに向けられた「生きるヒント」がそこにあるはずです。

 

 

第1章・人間であるがままに・自覚

① 非 僧 非 俗
聖でなく 俗でなく あるがままの私

② 肉 食 妻 帯
市井の人として 仏道を生きる

③ 悪 人 正 機
自意識の凡夫こそが 仏の救いの目当て

 

第2章・信心を真ん中に・信仰

④ 自 信 教 人 信

⑤ 信 心 正 因

⑥ 浄 土 往 生

 

第3章・南無阿弥陀仏とともに・実践

⑦ 自 然 法 爾

⑧ 他 力 本 願

⑨ 称 名 報 恩