心の中の怒りをしずめ、表情に怒りをあらわさないようにして、他人が逆らったとしても激怒しないようにしましょう。

人にはみなそれぞれの心があります。そしてその心には、おのおのに執着するところがあります。

相手が正しいと考えることを自分は間違っていると考え、自分が正しいと考えることを相手は間違いだと主張してくることは、よくあることです。

私がいつも賢いわけではないし、必ずしも相手が愚かなわけでもありません。お互いただの人間なのです。正しいこともあれば、間違っていることもあるのです。

お互いに賢くもあり愚かでもあるのは、丸い輪に始まりと終わりの端がないようなものです。だからこそ、相手がどんなに怒っていてもそれに対して感情的に返すのではなく、自分に過失がなかったかどうかを、理性的に省みてみましょう。

また、どんなに自分の考えが正しいと思ったとしても、なぜ多くの人々が自分と同様の考えではないのかを熟慮して、協同のための方策をみんなで講じるようにしましょう。