ひとそれぞれに一生の時間は限られています。

一年は三百六十五日。一日は二十四時間。一度限りの今です。

寺院の仕事に就く者は、限られた時間を無駄に過ごしてはいけません。

寺院に求められる仕事は、一日を通しても終えることのできないものです。

有意義な時間の使い方と、いまここにある一期一会の出会いを、大切にして生きましょう。