鈴木氏の論文には、

『日本書紀』によれば、冠位十二階は推古天皇十一年(603)十二月に制定、翌十二年元日に施行された。同年四月には、十七条憲法が制定されている。官人として登用されるべき個人に位階を授ける冠位十二階と、官人としてのあり方を定める十七条憲法は、相次いで制定・施行されていることからも、不可分の関係に置かれた一体の法として考えることができる。(中略)冠位十二階と密接に関係する十七条憲法にも、新たな合議制の理念が示されていたとみられる。(P118)

と記されています。

 ここにある鈴木氏の説に、筆者も深く同意いたします。これら二つの制度には相関関係があり、どちらも「合議制」を成立させるために制定、施行されたものだという説は、当小論でこれまでに進めてきた考察にも、付合するものだと思います。

 

 新しい時代を築き上げるためには、まずはそこでの形式の整備が必要とされたはずです。そしてその拠り所となる、揺るぎない理念を確立しておく必要があったはずです。

 太子は、仏教と儒教を殊更に分けることなく双方より学びを得ながら、古来より伝わる「和」の美徳に落とし込むというやり方で、世界に通じる理想的な共同体のあり方を構想され、その体系化を試みられたのではないでしょうか。

 

 鈴木氏はまた、

(第一条と第十七条の内容は)徒党を組んで、逆らうことなく、上下和睦して為政についての議論を成立させ、独断を排し、大事については「衆」議によって事を決するというものである。憲法は合議の規定ではじまり同様の規定で締めくくられるように、合議に関する内容が憲法の主要なテーマと考えられる。また、「然上和下睦。諧於論事」にみられる「諧」の字は、調和するという意であり、憲法の説く合議とは、上下が和して話し合い、意見を調和させること、すなわち意見を一致させることを目指すものであったとみられる。(P120)

と述べられています。

 第一条と第十七条に通じるのは「合議」を主要なテーマとするという点であり、それは、話し合いによってお互いの意見を交流し、調和させることの重要性を、共同体における共通認識として説くものであったいうことに、筆者も深く同意いたします。

 

 そしてまた鈴木氏は、

(第九条の)「群臣共信・何事不成」と第一条の「何事不成」は同様の記述であり、合議について規定した第一条と第九条もまた、通じ合う内容をもつと想定される。(P122)

と指摘されています。

 当小論においては、〈徳〉の章の後段として解説した[第一条]にある何ごとも成しとげられないことはない」の一文が、〈智〉の章の前段[第九条]にも、まったく同じ「どんなことでも成しとげられないことはない」の一文として見られることに、筆者も同様の共通性を感じていました。

 当小論において十七条の解読法として採用している「陰陽輪環の順読」では、最後の条文にあたる[第一条]が、最初の条文である[第九条]につながり、改めて再度の循環的な読み解きに導かれるようで、大変興味深く感じられるところです。

 

頁. 1 2