慶集寺に関わる人々は、感謝と尊敬の心を根本としなければいけません。

人間関係の根本は「ありがとう」「おかげさま」の心にあります。

慶集寺の運営に携わる者にその心がなければ、それに関わる人々の間にも差し障りが生じ、寺院運営に問題を引き起す事にもなります。

寺院を運営する立場の人々から率先して感謝と尊敬を心掛ければ、滞りなくその運営は執り行われるはずです。そしてその心が広く社会に通じれば、その共同体は自然と健全な在り方を保つはずです。