まごころをこめて「三宝」をうやまいなさい。

三宝とは「仏(真実の体現)」「法(真実の教え)」「僧(真実の仲間)」をいいます。

そして「真実」とは、疑っても疑いようのない「真理」と「真心」をいいます。

三宝こそが、生きとし生けるすべてのものにとっての「最後の拠り所」であり、あらゆる国々の人々が共感をもって了解し得る「究極の規範」であるといえます。

どんな時代のどんな人も、仏によって説かれた教えを学び、社会生活の中でそれを理解し、心から頷くことができるならば、その尊さと重要性を認めずにはいられないはずです。

人間の中に、罪悪感を一切感じることのないような人は、そういるものではありません。

仏教に説かれる「真実」を自らの心に会得するならば、どんなひとでもかならず自然の道理に従い、よりよい人生を生き直せるはずです。

慶集寺にとっての三宝とは「南無阿弥陀仏」と「仏の教え」と「お寺の仲間」です。

七世代先の未来にまでも伝えられるように、これらの三宝を大切にして保ちましょう。